無料カウンター

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク|-|-

バンコクからクアラルンプールへバス編

このままだと
もう書くことの無いブログになりそうだ。
帰国は来週の木曜日。
韓国に8日滞在しての完全帰国です。

と言う事で3年ぶりのマレーシア&
5年振りのハジャイの
タイ-マレーシア国境越えでも書こうかな。
バンコクからクアラルンプールへバス編

帰国前にマレーシアから釜山のチケットを先に買ってしまったものだから…

バンコクから飛行でマレーシアも考えたけど。
約13000円。
バスなら二等で約3000円。
一等でも3500円でクアラルンプールに行けてしまうのだ。

1万円は大きいな。
プローモーションでもしてない限り飛行機はないな…

ということで当日直接
南バス停からハジャイへ行って
乗り換えてクアラルンプールへ、
約24時間。

を初めての人に分かりやすく解説でもしようかと。

バンコクの大きなバス停は3つ
北バスターミナル(モーチットマイ)
東バスターミナル(エカマイ)
南バスターミナル(サーイターイマイ)
カッコ内がタイ語

基本的には北に行きたければ北バスターミナルへ。

市内からは路面バスで
40、503、507、511など。

カオサンからだと大通りを渡って王宮方面のバス「511」が終点で南バスターミナルに行けます。

空いていたら30分もかからないが混んでると…
バスの車掌さんに
「サーイターイマイ」と言えば通じる。
カオサン近くから乗ってエアコン511で15バーツ。

ハジャイ(Hat Yai) はマレーシア国境から30km手前の街。

2等は581バーツトイレ無し。
1等は747バーツトイレ軽食、休憩所の夜食、水、ブランケット付き
約500円でいろいろ付くと言うより
トイレが無いと膀胱炎を勃発した私は今は無理なので今回は1等で!
(2013年10月7日現在)

ちなみにもっと高級なVIPバスもある。

値段は忘れたが900弱だった。
3列シートで更に快適だと思う。








出来れば前日までに予約した方がベター。
月曜日だったが満席。最後の1席だった。

時間は17:30発。
ハジャイ着は翌朝8時だった。
到着時間もマチマチのようだ。

通しチケットも買えるが
1600バーツで高いし乗り継ぎ時間が長いのでオススメしない。

17:30にバンコクの南バスターミナルを時間通り出発。
出発して直ぐに水600mlと野菜ジュース、アンパンが配られた。
キレイにクリーニング済のブランケットも

夜23:30ごろ休憩所にて夜食。
チケットの半券が食事券

ハジャイのバスターミナルに着いたのは翌朝8時。

目の前には数件の旅行代理店。
ここでクアラルンプール行きのチケットを買える。
街の中心まで約2km。街中には沢山の代理店がある。
ブログなどを見ると街中の方が安く値段も400バーツからあるらしが街まではソンテウ(乗り合いトラック)か徒歩。

私はバス停前の代理店で交渉。
一軒目の言い値は590バーツ。
直ぐに490バーツになるが430で粘るがラストは450バーツ。

ソンテウ代など加味して430と決めていたので…
二軒隣の代理店では言い値500。
450には直ぐに下がったが…
430になったので購入。



入口は食堂




9時発の街から出るクアラルンプール行きということで、ジョイントのソンテウでお出迎え。8:40
もちろん送迎込で430バーツ。

見覚えのある町につく。
なんだかんだで乗り継ぎも良く1時間。
9時に無事クアラルンプールへ出発。
バスは3列シートでシングル側なので快適。
ただトイレ無し、ブランケット無し、食事無し。



10:30国境 Sadao着。
パスポートをチラッと見せてスタンプ押して終わり。
車で数分でマレーシア側イミグレ。
こちらは荷物を全ておろして一応のXrayチェック。
でもそれだけ。

時差1時間進む。

そして30分もしないで食事休憩。
ちゃんとした休憩はここだけ。

残ったタイバーツもここで両替。
両替所がちゃんと設置されているので安心。
レートは思いの外、良かった!

クアラルンプールには19:00前には到着。
到着場所はプドゥラヤ・バスターミナルの目の前。

安宿の集まる中華街まで5分で歩ける好立地!

19時15分には無事チェックイン。

3年ぶりのこの宿も1リンギットだけしか値上がりしておらず、ドミは12リンギット。
最後の一泊はドミで。

5年前からたった2リンギットの値上がり。



エアコンは夜9〜朝9時

他はタイより高いマレーシアだけどこの宿だけはコスパが高い!
新しいバックパッカーズ宿が幾つかで来ている様だが、古巣でw

ん〜
後、何回UPするかな〜






Posted by お母ちゃんcomments(1)trackbacks(0)

2年2か月前のまま。 in KL

あーなんか6月から毎月飛行機乗ってる。
ちなみにこの2週間で6回フライト。
この1ヵ月半で9回のフライト。

今回はバリからオーストラリアに行くために立ち寄ったマレーシア
たった45時間の滞在だけど…
二年ぶりに同じ宿に行く。
だってガイドブックないし、他の宿泊まったことないし。

値段も据え置き11リンギット
確か以前は『歩きかた』持ってると10にしてくれたけどレギュラーは11だった気がする。
『TRAVELERS BACKPACKERS INN』
しかも二年前に泊まってた人に再会。
なんか自分のベッドの下の人見たことある気がしたんだよね。
起きたら向こうも覚えていて…
まさかその人も二年間居たわけじゃないけど戻ってきたみたい。
世間は狭い。そういえば
ここはバンコクに次ぐ再会タウンだった。

ドミだけどお湯出るし
夜から朝はAC付きだし。
駅から歩けるし。
中華街の真横だし。

マレーシア
別にすることないけど
ご飯はおいしいし。

マレーシアの地方都市とか他の東南アジアのローカルフードに比べて気持ち高いかな。
KLでも、どローカル行けば100円だしね。
現に昨日も中華街で3.5リンギトの昼食だった。(約100円)
タイと変わらないか…

頭の中がいろんな国の物価でぐちゃぐちゃです
こんなで明日からのオーストラリア生活は平気なんでしょうか。

だってこの旅始めて以来の先進国。欧米文化。英語圏。
なんか不思議だわ。
がんばって職探し。
行ってきます。あと4時間後には飛行機の中。





Posted by お母ちゃんcomments(8)trackbacks(0)

屋台から5星ホテルまで食べつくしinペナン

3泊4日ペナンに滞在。
シンガポールの家族とともに。
吐きそうなぐらいお腹いっぱい食べました。(苦笑)
ママの食べろ攻撃に少し怯えながらもだんだん胃が大きくなり…
マラッカの1週間自炊生活でかなり太ったのに。さらにペナンで…

やばいーい。
なに食べたかって?
写真にて紹介。


朝まずはじめにホテルの朝食定番バイキング!
夜行バスのの疲れを取ったらペナンに食べに来たと言っても過言ではないママの指導のもと昼はカレー

マレーシアはインド人中国人マレー人と共存してるためすべのの味が本格的。
インドで食べたカレーより清潔な分安心かも。

カレー2
インゲンの炒めものがすごく美味しかった。
カレー1
ねぇお母さん?お父さんに似てない?
シンガポールのパパです。
写真よりは千住のおじさんに似てます。


ガーニードライブの屋台では

サテ(焼き鳥でピーナッツの甘めのタレ)
sate
ワンタンミー(ワンタンスープとヌードルが別になったもの)
ワンタン
牡蠣と卵炒め。一番おいしかった。
かき卵
アイスカチャン(カキ氷に麺状のゼリーに小豆にココナッツミルクをかけたもの)
カキ氷

二日目は朝からかなりの大食
飲茶からシーフードあんかけ焼きそばまで。。。
2


何千円何万円もするお茶屋さんでお茶のティースティング
茶

昼は軽めにスタバです。
スタバ

夜はまたまたチャイナタウンで中華
ほうぼうみたいな魚をトマトと梅干しで軽く煮たもの。
すごく美味しい。
梅干し煮
ブロッコリーとホタテの炒め
鴨肉のチャーシュー
ホタテ
海苔のスープ
スープ
どれもホントにおいしい。
食の町ペナンです。

まだまだ続くのか?って?
3日目は...
朝はホテルのバイキング

極楽寺を観光後ココナッツウォーター
ココナッツ

昼前に軽くラクサを食べる。
ラクサ(米で作ったスパゲティー状の麺に辛酸っぱい魚だしのスープ―で食べる。)
ラクサはマレーシア料理でここペナンのラクサは特別。
しかも極楽寺のそばの老舗のラクサ屋らしい。
ラクサ
ラクサ2





EASTERN & ORIENTAL PENANG イースタン アンド オリエンタル ペナン
五つ星のホテルでアフタヌーンティー!!

デラックス クラス ヒストリカル ホテル。ジョージタウンに位置するホテル。1885年に建てられたコロニアル調の建物で、2001年に改装。全室スイート。

一泊何万円するのやら。
ホントに細部まで綺麗で、高級感漂ってました。
スコーンが格別においしかった。
ケーキ
mama
papa
2007best
マレーシアの去年一番のレストランに贈られる賞らしい。


三日目の夜は鍋バイキング
最後の晩餐らしく家族でワイワイと!
看板

身長で値段が安くなる。
鍋チラシ

新鮮な魚介やアツアツの飲茶も食べ放題。
魚介
飲茶
鍋1
鍋2

そして〆のアイスクリームまでなんと食べ放題
大好きなチョコミントもありました。
アイス

3日間良く食べた。。。

ごちそうさまでした。


世界一周Blog

ブログランキングに参加しています。
oneクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ




Posted by お母ちゃんcomments(2)trackbacks(0)

『極楽寺』 Kek Lok Si Temple たまには観光案内でも。

3日目の観光は極楽寺 Kek Lok Si Temple 。
極楽寺に行かないとペナンに行ったことにはならないと地元の人が言う。

ジョージタウンから
タクシー30リンギット約30分
203のバス 2リンギット 徒歩10分

地元中国人ばかりでなく観光客にも人気の高いマレーシア最大の仏教寺院です。
7層からなる30mのパゴダをはじめ、12万平方メートルの広大な敷地には、いろとりどりの建造物が立ち並ぶ。

見所は2つ。
金ピカの巨大な観音様。。。
現在修復中のため囲いがされていてほとんど見えませんでした!
というかまるっきり足場が組まれ何のことやらです。

もう1つの見所が、高さ30メートルのパゴダ。
このパゴダは、下が中国式、真ん中がタイ式、上がビルマ式と
3つの様式が混在しているそうです。
どこまでもペナンはミックスタウン。



参道は沢山のお土産やに食堂。
さながら寂れる前の鬼怒川。
賛同


久々の青空
青空と寺
寺2
寺3


池にいたカメ。
ハッキリ言って気持ち悪い。
日本では大事に2匹もでっかい亀飼ってますが...
やっぱり沢山いすぎるって気持ち悪い。
亀
やっぱり陸ガメがかわいいな!
元気してますか?ぐり&ぐらちゃん。
うち亀
↑これはうちのぐり&ぐらちゃん
お父さんが面倒みてくれてます。
ありがとう。


そして見たことない色のハイビスカス。
薄紫?
ハイビスカス

世界一周Blog

ブログランキングに参加しています。
oneクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ





Posted by お母ちゃんcomments(2)trackbacks(0)

図々しい。。。贅沢生活inペナン島。

今滞在しているホテル?!を紹介します。

ゲストハウスじゃないんです。

Hotel Grand Continental Penang
ツイン4,000円〜20,000円位の中高級ホテル。
朝食はバイキング。
お風呂はバスタブあり!アメニティー付き。
3か月半ぶりの浴槽です。
23階のルーフトップにはプール。
外観

部屋、風呂

プール




なんでそんなところに泊っているかというと。

マラッカからバスが一緒だったシンガポール人の家族と一緒なんです。
夫婦と娘26歳の家族なんだけれど

娘の部屋がベッド1つ空いてるから是非泊まれってススメられて…

勝手に外国人は社交辞令は言わないと決め付け
図々しくもご一緒させてもっらってます。

一応一回は断ったんだけど…

私が3泊ペナンにいるつもりだと言ったら彼らも3日滞在でホテルをとってるらしく3日間は一緒に過ごそうといってくれて、娘のように良くしてもらってます。
むしろご飯を沢山食べないと怒られるので…かなりお腹が苦しい日々を送っています。
贅沢な悩みです。

ちなみに今日は08‘08.08.
ホテル内で結婚式がありました。
結婚式



無事オリンピック開幕。

世界一周Blog

ブログランキングに参加しています。
oneクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
Posted by お母ちゃんcomments(4)trackbacks(0)

ペナン島2日目

ペナン島の印象だが、『東洋の真珠』と呼ばれているペナンの海だがハッキリ言ってきれいじゃない。
イメージは熱海。
そう昔の新婚旅行と言えばペナンだったらしい。その昔の昔は熱海だったと聞いたことがある。
実際、伊豆の方がきれいな気がする。
町は田舎と都会の融合?ジョージタウンも世界遺産に登録されたけど…
でも嫌いではない。この雰囲気。

フェリーでバタワース(本島側)に行ってみたしマラッカの島を一周してみた。
フェリーはバタワースからは1.2リンギットだが島から出るのはフリーのようだ。
バスとフェリーは安くて便利。

フェリーからの風景。
フェリー

町並みはと言うと
中国式寺院に
モスクに
インドのヒンドゥー寺院
中国寺院

モスク

インド寺院




スタバは日本と変わらず抹茶フラペチーノをオーダー。
インド料理に、チャイナタウンの親子たち。
1

2

3



欧米風の消防署に奇抜な色の建物。
1

2



何もかもミックスタウン。



世界一周Blog

ブログランキングに参加しています。
oneクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
Posted by お母ちゃんcomments(2)trackbacks(0)

ペナン島1日目

ペナン島5:45am到着
まだ薄暗い中タクシー交渉。
ジョージタウンまでは30リンギットが適正料金らしい。
高い。約1,000円って日本じゃん。

市バスの始発は7:30am
なら2リンギットなのに。
待つことにしようと思ったら思いがけなく…
マラッカからのバスで一緒っだったシンガポール人の親子Ngさん(なかなか発音できない)がジョージタウンまで一緒に乗っけってくれるって。

お言葉に甘えて便乗する。

ここからは後ほどゆっくり書くとして。
今日はかなり疲れた。
久々に観光という観光をした。

沢木耕太郎の『深夜特急』を10年以上前に特番で大沢たかおが主演を演じている。
現在はDVDも出ているらしいが確か映画でもなく特番的な感じで短編ドラマ仕立てで放送してた記憶がある。
当時私はまだ旅に目覚める前だったが大の大沢たかおファンでビデオに録画した。
しかも現在はたぶん販売されてないだろうけど、当時『深夜特急』という名前の大沢たかおの写真集を私は買いそろえなぜか今でも大事に自宅にある。

その中で彼はペナン島に訪れている。
ジョージタウンから市バスで1時間ほど行ったバトゥ・フェリンギというビーチのアーベンゲストハウスがその舞台。
深夜特急ファンにとっては軽く観光名所の一つ。
どうせだからココに泊るつもりでいた。
Ah Beng GH.アー・ベン・ゲストハウス
シングル25リンギット〜。

アーベン

が、わけあって別のところに泊ることになったが、せっかくだから記念に目の前まで行ってパシャリ。

お次はチャマンカララーム寺院。
ここは巨大な寝釈迦が寺院内にある。全長33m。小学校のプールより大きい。

寝釈迦
10

ここはタイ式の仏教寺院で向いにミャンマー式の寺院もある。そちらの仏様の顔は見たことないくらい穏やか顔。
またアジア各国のスタイルのお釈迦さまがあって、もちろん日本のモノもあった。
入口には大きな地球儀が。USJか???
2

そしてガーニ・ドライブ沿いの屋台は圧巻。
100件以上の屋台が並びどれもおいしくて地元の人々と観光客でにぎわっていた。
10
2
3

疲れた。久々に動いたなぁ。



世界一周Blog

ブログランキングに参加しています。
oneクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ



Posted by お母ちゃんcomments(0)trackbacks(0)

十人十色

とうとうオリンピックですね

華恵もとうとう今日の夜10:45夜行でペナン島に向かいます。
ペナン島って大きな橋が架かってバスで行けちゃうんです。
楽ちん
マラッカから約7時間
35リンギット(約1,200円)

ペナン島のジョージタウンはここ、マラッカとともにその歴史的街並みが2008年にユネスコの世界遺産に登録された。マレーシアでは初となる世界文化遺産である。

だそうです。

バンコクに戻るのにせっかく近くを通るんじゃ寄らないわけにはいかないでしょ。

とりあえずまたペナン島の様子は明日以降お伝えするとして

今日はなごり惜しいマラッカを散歩してみました。
観光って観光はしていないけれど。
旅行の仕方も人それぞれ
それでいいと思う。

人もモノも10人10色

赤、青、黄色、ピンク
そして同じ色でもいろいろあるんだぁ。。。


マラッカの色々

赤

水色
水色

黄色
、黄色

ピンク
ピンク

エメラルドグリーン
エメラルドグリー 


緑





自分の色が見つかるように明日からもがんばります。




世界一周Blog

ブログランキングに参加しています。
oneクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

Posted by お母ちゃんcomments(5)trackbacks(0)

ここにしか咲かない花

やっと元気出てきました。
動けない自分に罪悪感感じたり。劣等感感じたり。

昨日いろいろ考えたんです。
何でこんなに体力ないんだろう。って
疲れた〜って。。。
歳か?

世の中の流れ〜?
自由なハズなのに。。。
周りの旅行者に比べればかなりのんびりなのに

そうだった。この週末何もしなくて気がついた。
日本にいる時の華恵は金曜の夜から月曜の朝まで寝てるなんてザラだった。
そうだいつも三年寝たろうだったんだ。
ヒトん家ちでごろごろ。飲み屋でごろごろ。我が家でボー。
三茶に居たころは、9時半出勤。9時過ぎまで寝てたじゃん。
そう。ワタシのあだ名は『ダメ華ちゃん』

旅とはいえそんなに寝てなかったな。この100日間

そうだガッツり寝なきゃ
旅に出たからって寝ないなんてフェアーじゃない
そう思ったら罪悪感と使命感とかなくなってすっきり。
病気のことも気になって
少々不眠気味だったのに昨晩はぐっすり。

明後日には移動しよう。
病院も待ってるしね。

日本では音楽なんてあまり聴かないし
邦楽なんてまずもって聴かない。

でももらったデータに入ってたこの曲は
まぁ〜恋愛の唄なのか?
華恵にとっては旅の唄に聞こえるんだ。

いまさらですがコブクロっていいですね。


      ここにしか咲かない花
                       作詞・作曲 小渕 健太郎
                       唄 コブクロ


何も無い場所だけれど ここにしか咲かない花がある
心に括(クク)りつけた 荷物を 静かに降ろせる場所
空の色映し出した 瑠璃色の海遥かから聞こえる
あなたの笑い声は よく聞けば 波の音でした

寂しさ隠せずにいるなら 一人になればいい
ささやくほどの声で呼んでいるのは いつも同じ名前

あの優しかった場所は今でも 変わらずに 僕を待ってくれていますか?
最後まで笑顔で 何度も振り返り 遠ざかる姿に 唇かみしめた
今はこみ上げる 寂寞(セキバク)の思いに 潤んだ世界を 拭ってくれる指先を 待っている

影が教えてくれるのは そこにある悲しみだけじゃない
俯(ウツム)く顔を上げて 振り返れば そこにある光に気付くだろう

同じ数の出会いと別れ でも割り切れなくて
余るほどの想い出をいつまでも 胸に咲かせながら

雨上がりの道は泥濘(ヌカ)るむけれど 今ここに 生きている証を刻むよ
どうかこの涙を しおれかけの花に 喜びのかなたで もう一度咲けるように
願いは海風に 吹かれて大空へ やがて小さな 虹をわたるよ いつの日か その足で


ここにしか咲かない花 ここにしか吹かない風
ここでしか聴けない歌 ここでしか見えないもの
ここにしか咲かない花 ここにしか吹かない風

あの優しかった場所は今でも 変わらずに 僕を待ってくれていますか?
ふいにこみ上げる 寂寞の想いに 潤んだ世界を拭ってくれる
雨上がりの道は泥濘るむけれど 今ここに 生きている証を刻むよ
いつかこの涙も 寂寞の想いも 忘れ去られそうな 時代の傷跡も
燦然(サンゼン)と輝く あけもどろの中に 風が運んで 星に変わる そんな日を 待っている

                               以上


ここにしか咲かない花求めてまた旅続けていきます。




世界一周Blog

ブログランキングに参加しています。
oneクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
Posted by お母ちゃんcomments(5)trackbacks(0)

まだマラッカにいます。

まだマラッカです。
居心地がイイというよりはやっぱり病気の様です。
胃が痛い。。。腹部が痛い。病気とは関係ないと思うけど。
ゆっくりして食べたいもの食べて何もしないで調子良くなったら病院行こう!
いきなりスパゲティーのオンパレードで胃がびっくりしたのかな...

懲りずに今日のお昼はカルボナーラ風で!

あまり気にならないけどここマレーシアはイスラム教のお国
豚肉はスーパーに置いてない。
だからベーコンなんてないし…
もっぱら鶏肉。
鶏肉のソーセージでカルボナーラにしました。


あと2食パスタが残ってる。
無くなったら移動します。

2


※今日の一日
ちなみに今日は胃痛という理由をいいことに一歩も宿から出ませんでした。
めぞん一刻のある宿です。
久々に読破しました。
住人のおばちゃんがハナエさんだからではなくて
単純にあのマンガが好きですから。
やっぱり最後の15巻はウルッと来ました。


世界一周Blog

ブログランキングに参加しています。
oneクリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ




Posted by お母ちゃんcomments(5)trackbacks(0)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
<< 2018年11月 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
CATEGORIES
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECOMMEND
ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ ブログランキングに参加しています。 oneクリックお願いします。
メッセージはこちらへ
hanaetravelアットhotmail.co.jp
PROFILE
LINKS
OTHERS
template by msrbn